メンタルチェンジ|バツイチ再婚.com



頑張っているあなたに、無料プレゼント!
このページの最後をご覧ください。
 
「バツイチだと誰も付き合ってくれないのでは?」
「再婚って難しい!」
と、あなたは思い込んでいませんか?
 
一人で悩めば悩むほど、
たくさんの不安が浮かんできて、
「再婚なんて・・・私にはできない」
と、思い込むようになってきます。
 
せっかく、いい人が見つかったのに、
再婚どころか恋愛自体に臆病になってしまっている人も
珍しくないようです。
 
そうなってしまったあなたには、心のエステが必要ですね。
 

では、再婚の最大の障害って何だか知ってます?

 
それは・・・
「自分の気持ち」なんです。
 
あなたは、バツイチが恥ずかしい事だと思っていますか?
 
もし、恥ずかしいと思っているのなら、
それは日本固有の習慣や考え方に縛られているからなんです。
 
アメリカだと、結婚と離婚を繰り返して
最後に一生を供にできるパートナーを見つけられればOK
という考え方が定着しています。
 
それでは、日本ではどうなのでしょう?

ここで近年の日本の状況を見てみることにしましょう。
 
日本での婚姻件数に占める離婚の割合は、
2000年に初めて30パーセントを超え、
2004年には一気に37.6パーセントにもなっています。

つまり結婚した3組に1組は離婚するといわれ、まさに右肩上がりです。
 
それでは、再婚率はどうかというと、婚姻件数に占める再婚の割合は、
1970年に11.1パーセントだったのが2003年には23.9パーセント、
つまり結婚する4組に1組が再婚という割合にまでなってきているのです。
 
離婚もそうですが、再婚もごく当たり前のことになりつつある、
というのが現状なのです。
 

その証拠に、あなたの周りでも離婚や再婚の噂を耳にしたことがあるはずです。


「そうは言っても、私は子持ちだから、誰も相手にしてくれないんじゃないのかしら?」
と、子持ちというだけで再婚に不安を感じる方も多いようです。
 
確かに、初めから結婚を前提としたお付き合いとなると、
相手に怖がられて避けられる場合もあるでしょうが、
恋愛対象としては、ハードルが低くなる傾向があるようです。
 
あまりこの場ではふさわしくないのですが、
あえてその証拠として挙げるとすれば、不倫があります。
 
つまり、女性に旦那や子供がいても、浮気や不倫している男性は
大勢いるということですね。
 
まずは、プラス思考にマインドチェンジ。
再婚を意識せず、恋愛から始めてみるのもいいのではないでしょうか?
 
ただし、何回かデートを重ねて、彼がもし信頼に足る相手だとわかれば、
早いうちに大事な事を話しておくべきです。
 
つまり、隠し事をしない、ということです。
 
「いつかは言わないと・・・」

と思いながらも言えないままになってしまい、
結婚の話が出てから、事実を伝えるのは遅いということを肝に銘じてくださいね。

無料プレゼント

 

無料プレゼント

メインメニュー

相互リンク募集中